リラックススペースになった和室

夫婦ともに和室にさほど興味があったわけではなかったのですが、小ぶりな一室を和室にしました。
琉球畳を使用して、モダンな雰囲気に。
障子は手入れが面倒に感じたので特につけず、家ができあがってから突っ張り棒ですだれをつけました。
飽きから冬にかけてはほとんど使用することがないのですが、春や夏は窓を開けて和室で過ごすのが常になっています。
フローリングにはない適度な柔らかさと、暑さ・冷たさを感じにくい畳の感触にすっかりはまってしまいました。
窓を開けてごろりと横になるのが気持ちいいスペースとして活躍しています。
い草独特の香りもリラックス効果があります。
はじめは統一感を持たせるために家の中を全て同じ雰囲気にしようと考えていたのですが、イレギュラーで和室を取り入れてみて良かったです。
家の中で気分を変えられるので、「家で過ごす時間」がとても楽しくなりました。
和室を作るか悩んでる方にはおすすめしたいです。
昨今の畳は昔ほど手入れに手間がかからないので、気軽に取り入れることができますよ。

四国中央市で新築を建てるならコチラをチェック!!